アメリカのカンザス州にあるマーク・モーリス研究所は動物の研究機関として権威のある研究所ですが、ヒルズはこの研究所をバックアップしていてます。食いつきの良いドッグフードには、愛犬が好むような人工甘味料や砂糖や塩、香料がふんだんに使用されており、つまり添加物が多く含まれているために、犬の健康とは無縁のものでした。プレミアムフードとは、ナチュラルフードともいわれますが、基本的に無添加で、出所がしっかりとした(いろんな肉のよせあつめでは無くて)食肉や低農薬の穀物を使用しています。沿うしたナチュラルフードの中で、なんでもありな状態の日本のペットフード状況に不安をおぼえたペットオーナーに人気なのが、ドイツのボッシュです。アーテエラーのドッグフードの売れ筋商品に「フレッシュミックス」があります。フレッシュミックスには愛犬の年齢や健康状況に対応していろいろな種類があります。たちが悪いのは、そのような添加物には、犬が好んで食べたがるよう、香料などで味付けを調整してあることです。ドッグフードを無添加のものにしたら、急に食い付きが悪くなっ立という話はよくききます家庭内の保管はもとより、ショップ内の保管、しいては、ドイツから日本への輸送中の保管状態も気をつけなければいけません。

正規輸入代理店であれば、酸化を防ぐためにしっかりとした温度管理をしていますが、個人輸入にて販売しているところは、ちゃんと温度管理しているかどうか確証がありません。

ドッグフードの有名ブランドのひとつアーテ間違いは世界の25カ国以上で愛用されています。

無添加で有名なところだとしても、無添加ゆえに、製造段階は安全でも、ショップの保管ががさつな状態でしたら品質は劣化してしまう訳で、名前や評判だけで決めてしまうのも危険です。

アーテ間違いのドッグフードの特質はいろいろありますが、まず人間が食べても問題の無い(ヒューマングレード)レベルの材料を使用していることです。

ファミリーの一員として、犬を愛すれば愛するほど、ペットフード業界の内情には怒りをおぼえたくなるはずです。

なかでも有名なのが、フランスの会社、ロイヤルカナンが発売しているウォルサムです。
多様な食物アレルギーに対応しているほか、肝疾患、腎疾患、心疾患といった症状に適したドッグフードをそろえています。

ようやく犬の健康にも配慮しようという動きが出てきまして、そこで、ドッグフードも無添加のものを、という声が多くなったわけです。

国産無添加プレミアムドッグフード